園のあゆみ


 昭和33年3月本園を創立、昭和36年3月学校法人認可を受ける。
 昭和45年6月に現位置に移転し現在では3歳〜5歳児まで、6学級の中規模幼稚園です。
 この地は歴史的には、土佐の小京都中村とも言われ、一条文化の香りや伝統を継承した街でもあります。
 去る、平成17年4月10日これまでの中村市と近郊の西土佐村が合併し、四万十市として改名され、市の中心地にあります。
 そして眼前には、悠久の大河日本最後の清流といわれる「四万十川」が流れ、田園風景が美しく温暖な大自然と良好な環境に恵まれたところです。
 本市で唯一の就学前教育施設でありこれまで約半世紀にわたり、先人たちの努力により多くの人材を輩出してきております。
 同時に、今後将来に向かって、21世紀への人づくりは幼児教育からという基本認識とともに、地域や多くの人々から本園への期待や発展を寄せられております。
 本園は、平成20年3月1日、お蔭様で創立50周年を迎え記念式典と祝賀行事を行いました。
保護者の声
・園長タイムではやる気満々の顔と手の上げ方を見て、生き生きとやってるなあと思い安心しました。そして園長タイムで興味をもったことを家でもよく話してくれます。無知な私が一番深い海は?と聞かれ「アリアナ海峡」と言うと「マリアナ海溝」と言われました。色んなことに興味をもってくれて私の脳トレになります。親子で楽しめる時間がしあわせてす。
・運動会、本当にありがとうございました。今までの運動会の中でも一番ハラハラドキドキし、一番感動した運動会でした。前日、竹馬の7段を持ち帰り、近所のおじさんたちにも応援してもらい得意げに披露をしていました。いつもしない練習をし、寝る直前には「今日は人生で一番頑張った」と言っていました。先生にかっこよくテープを巻いてもらった竹馬に乗れて、本当のどれだけこの竹馬に成長させてもらったことかを思います。
・運動会、ただただ感動でした。オープニングに鼓笛隊の指揮棒、家でやっていた姿とは違うもののやりきった時の安心した顔を見て、観客席から見守った私たちもほっとして涙が出ました。
 思い切ってこの子にやらせてみようと思いずっとそばで見守り背中を押してくれた先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。あんなに泣き虫で人前が全く駄目だった子が年長さんになり、こんなにも成長を見せてくれるとは思っていませんでした。運動会がこんなにも感動をくれるものだと、大人になり親になって初めて気づきました。
・お茶作法を参観させていただき有り難うございました。我が子が正座をしておじぎしたりお茶をたてている姿のすべてが、とても新鮮でした。相変わらずマイペースでゆっくりペースでしたが、教えてもらっていることを素直に受け止め、その通りやろうという気持ちが伝わりました。渋い顔してお茶を飲む姿が可愛かったです。
・先日の参観日、ありがとうございました。転園して1ヶ月、すごく怖がりの我が子が天狗げたにのって、少しずつ歩いていることに本当に驚きました。体を動かすことに不慣れな上、バランスが必要な遊具も、以前はする前から嫌がってしようとしなかった姿からは想像しにくく、たくましくなったなと主人と感動しました。
・発表会、感動しました。踊っていましたね、入園してからの経過を知っているママ友と子どものやりきったのを確認すると歓声を上げてしましました。隣のお友だちと頑張っている姿を見て友だちの力ってすごいなと思いました。
・こま回し大会は何回も上手に回せたと嬉しそうに話してくれました。年長さんが手の上でこまを回していたのが印象的だったようで、僕も年長になったら手の上で回せるがで、と言って持ち帰り練習していました。挑戦する気持ちが生まれていることは親として嬉しく思います。
・一番成長したのはトイレトレーニングです。家ではなかなかうまくいきませんでしたが、園で教えてもらったおかげで、やっと家でもできるようになってきました。それから妹におもちゃなどを譲れる姿がとても成長したなと感じます。あいさつもよく出来るようになりましたし、本当に感謝しかありません。
・この1年でできなかったことができるようになり、また園長タイムで知識が増え、いろいろなことに興味をもつようになり、園での体験は本人の自信につながっていると思います。私ももう一度通いたいと思うほど、楽しい魅力的な幼稚園です。これからも子ども体に素敵な思い出が残る園でいて下さい。


もどる