平成29年度募集要項

 平成27年度より子ども子育て支援制度が変わり、市により1号・2号・3号の認定を受けることになりました。
1号(幼稚園)は9:00〜15:00の教育時間で18:00までの一時預かり(朝は7:50から受け入れ)を受けれます。2号は朝7:30〜18:30まで保育が受けられます。1号2号ともに3才以上で活動内容は同じです。
1・2才は3号となり保育の扱いとなり7:30〜18:30まで可能となります。


1、 募集定員
        
 1才児−15名   2才児−18名
 3才児−40名   4才児−48名  5才児−48名
(1)受付期間  1号認定は28年12月1日より本園にて受付け、2・3号認定は29年1月12日より市保育所係にて受付け開始です。
(2)面  接   平成28年12月1日より随時実施します。(1号認定のみ)実施日は相談の上決めます。※2、3号認定は面接ありません。
(3)入園許可  約1週間後内定を通知します。
(4)体験入園  毎月の第二水曜日の園開放日に親子同伴でご来園下さい。見学は年間随時可能です。お気軽に問い合わせ下さい。
(5)入園準備  面接時にご説明します。
2、入園経費など
(1)授業料・保育料  平成27年度から市町村が決定します。
一時預かり料(月額)3、000円 
(2)教材費給食費  1号・2号は教育研修費・施設充実費1、000円、教材費500円
3号は教材費500円が毎月必要です。
1号の給食費5,700円で2号・3号は保育料に含まれています。
(3)スクールバス代  毎月 往復 3,500円(片道2,000円)キャラクター車(風船号)新車購入
年度途中でも入園希望者には随時受付いたします詳しくは本園までご連絡下さい
     TEL 0880-34-7511 FAX 0880-34-7510

             
 保護者による園評価より

平成26年3月 (卒園を控えて)
・色々な物にふれ、たくさんの体験をさせてもらえて子どもの可能性を引き伸ばしてもらえたと思います。園長タイムでは色々な分野のお話をしてもらい、子どもの目はキラキラしていて毎日楽しみにしていました。いつも優しく見守り励ましご指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。
・年少から園生活をしながら、自分でできることが少しずつ増えて家では人のことを思って何かすることもできるようになって、自分で考えて行動できるようになり成長した。園長タイム、水泳、ALT等も今日の出来事で話してくれました。一番はやっぱり亀の放流です。他では味わえない魅力を持っている中村幼稚園でいてほしいと心より願っています。

平成26年10月 (運動会の感想)
・運動会お疲れ様でした。今年で最後の運動会でした・入園した頃はかけっこも走らずにマイペースに歩いていた娘がはりきって走る姿を見て嬉しかったです。忙しい中で、見落としている姿を行事で確認することができ、日頃の先生方のご指導のおかげと感謝しています。
・こんなにも成長していたとはびっくりしました。竹馬の時には何度も落ちましたが、私が立っているのを見ると俄然やる気を出して最後まで頑張ってくれました。あまりの感動にしばらく涙が止まらなくなってしまいました。息子はこんなにも成長したんですね。気付かなかった成長と頑張れる力を見せていただき有難うございました。先生方には感謝でいっぱいです。
                                もどる



平成27年度から子ども・子育て支援制度が始まりました。
 
       〜すべてのご家庭の子どもたちが、入園できるのは、幼稚園と認定こども園だけ!〜

子ども・子育て支援新制度は、すべての子どもたちが笑顔で成長していくために、すべての家庭が安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるよう社会全体で支え合う新しい仕組みです。県や市町村では、地域のは保護者ニーズに合わせた子育て支援計画を作成して支援施策を実地します。
この新制度の実施には、消費税の増収分の一部が充てられ、子どもの最善の利益を図るために効果的に活用されることとなっています。

 幼 稚 園   
  (3〜5さい)
幼稚園は、幼児が初めて出会う”学校”です
 幼稚園では、小学校教育との連続性を重視し、小学校以降の生活や学習の基盤を”遊び”をとおして育成します。
 認定こども園 
  (1〜5さい)  
認定こども園は、幼稚園と保育所の両方の良さをあわせもち、教育と保育を一体的に行います。
保護者の働いている状況に関わりなく、どの子どもさんも教育・保育を一緒に受けることができます。
※中村幼稚園は認定こども園に移行し、1才2才を受け入れています。


            ★ 教育・保育の「認定」について ★

この新制度で、中村幼稚園は「施設型給付」を受ける幼稚園となり、認定は市区町村から受けます。市区町村では、教育・保育を利用する子どもについて、3つの認定種別で認定していきます。

   
1号認定(幼稚園)                       
  
満3歳児以上で教育のみを希望

 新制度に移行する園の幼稚園児(教育標準時間)
 ※今まで通り、幼稚園の預かり保育は利用できます。

   利用施設:私立幼稚園、認定こども園
                                         
                  2号認定(幼稚園に朝夕の保育時間が加わります。)
                      満3歳児以上で「保育に必要な事由」に該当し、保育を希望

                     保護者の就労などの状況に応じて、利用時間が異なります。
                       ◎フルタイム就労を想定した利用時間:最長11時間

                       ◎パートタイム就労を想定した利用時間:最長8時間 

                            利用施設:認定こども園、保育所
                    ※就労している方も、1号認定を受けて、私立幼稚園の預かり保育を利用することができます。
                      詳しくは、最寄りの私立幼稚園・認定こども園にお問い合わせください。
  3号認定(保育所)
   0歳〜2歳児で「保育の必要な事由」に該当し、保育を希望

 保護者の就労などの状況に応じて、利用時間が異なります。
  ◎フルタイム就労を想定した利用時間:最長11時間
  ◎パートタイム就労を想定した利用時間:最長8時間

      利用施設:認定こども園、保育所